キーワード検索

※タイトル・本文より検索を行います。
RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
外部公開ブログ件数は1,798件です。 [ 1 ... 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ... 180 ]
[ 最新投稿順 ] [ 投稿者名順 ] [ カテゴリ ] [ 閲覧数順 ]
『邪馬台三国志』梗概(あらすじ)最新版 5/8 (0)
鉛筆 takatays クリップ 日記 目 345 時計 14/08/03 09:00
⑯泰始二年(二六六年)、女王トヨは晋の都に使節を遣った。その後、饒速日はヒミコの墓を帆立貝形前方後円墳に造って二重の水濠で囲うと、方墳上で柴を焚きながら封禅して天照国照彦火明饒速日になる天神に昇った。
詳細
『邪馬台三国志』梗概(あらすじ)最新版 6/8 (0)
鉛筆 takatays クリップ 日記 目 369 時計 14/08/03 09:01
☆ルビつきは、HP『邪馬台三国志』http://www2h.biglobe.ne.jp/~aoitaka/  に掲載。
◆日本の上古を切り開いたのは、大陸の南や北からやって来た渡来人たちだ。それぞれの種族が自身の宗教・伝統・風習とともに歴史・神話・伝説
詳細
『邪馬台三国志』梗概(あらすじ)最新版 7/8 (0)
鉛筆 takatays クリップ 日記 目 308 時計 14/08/03 09:03

 その二つ。天日槍伝説を通して、記紀本来の王系譜が垣間見えることだ。具体的には、垂仁天皇の事績が饒速日(先代旧事本紀の人物)や天火明の事績に、火明饒速日(火瓊瓊杵の児・火照、海幸彦、火明と饒速日を襲
詳細
『邪馬台三国志』梗概(あらすじ)最新版 8/8 (0)
鉛筆 takatays クリップ 日記 目 286 時計 14/08/03 09:04

☆ルビつきは、HP『邪馬台三国志』http://www2h.biglobe.ne.jp/~aoitaka/  に掲載。
五つ目。火瓊瓊杵が高千穂宮から吾田に降臨したのも、日神がヒミコとなって大倭や伊勢に移り住んだのも、呉軍襲来に備えてのことだった。と
詳細
『邪馬台三国志』の読みどころ1 (0)
鉛筆 takatays クリップ 日記 目 273 時計 14/08/03 09:12

〈日神と高皇産霊の唱える徳と真ごころ、火瓊瓊杵と火火出見の正義の心〉

●和王 磐余彦
二八○年代前半、火火出見は次の言葉を残してこの世から去った。
二十歳を少し超えた磐余彦は大葬を滞りなく済ませると、
詳細
『邪馬台三国志』の読みどころ2 (0)
鉛筆 takatays クリップ 日記 目 288 時計 14/08/03 09:14

〈孫子の兵法極意〉戦わずして勝つ・・・素戔嗚の「酒で泥酔させる」

●オロチ退治
素戔嗚主従は、船通山麓の鳥髪(横田町)の郷に到った。そこで、箸が上流から流れて来るのに気づくと、
「もしや、オロチども
詳細
『邪馬台三国志』の読みどころ3 (1)
鉛筆 takatays クリップ 日記 目 12,645 時計 14/08/03 09:14

〈孫子の兵法極意〉戦わずして勝つ→高皇産霊の「使者を遣って国譲りを説得させる…1」

●葦原中つ国の平定
高皇産霊は高天の原に臣下全てを集めて、
「かつて、豊葦原中つ国は伊都国王朝開祖の天叢雲に対して、
詳細
『邪馬台三国志』の読みどころ4 (0)
鉛筆 takatays クリップ 日記 目 286 時計 14/08/03 09:15

〈孫子の兵法極意〉戦わずして勝つ→高皇産霊の「使者を遣って国譲りを説得させる…2」

遠征軍が出雲の稲佐浜(大社町)に上陸すると、伊奘諾や天之国に恩義ある者らが続々と集まって来た。二人は彼らを前にして
詳細
『邪馬台三国志』の読みどころ5 (0)
鉛筆 takatays クリップ 日記 目 311 時計 14/08/03 09:16

〈孫子の兵法極意〉戦わずして勝つ戦わずして勝つ・・・神功皇后の「刃に血塗らずして」

●筑紫国の奪還
仲哀は身内の反抗や、南から迫り来る敵にうろたえていたが、やがて気を取り戻して、
「ヒミコの詔を奉じ
詳細
『邪馬台三国志』の読みどころ6 (0)
鉛筆 takatays クリップ 日記 目 359 時計 14/08/03 09:17

〈孫子の兵法極意〉戦わずして勝つ・・・磐余彦の「刃に血塗らずして」…1

●生駒の敗北
 磐余彦と五瀬は草香(くさか、日下)邑に兵を上陸させて軍を整えると、隊列の先頭に錦の御旗を高々と掲げさせた。次に日
詳細
[ 1 ... 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ... 180 ]