キーワード検索

※タイトル・本文より検索を行います。
RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
外部公開ブログ件数は1,798件です。 [ 1 ... 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 180 ]
[ 最新投稿順 ] [ 投稿者名順 ] [ カテゴリ ] [ 閲覧数順 ]
『邪馬台三国志』の読みどころ16〈天神の御子と天孫の降臨〉 (0)
鉛筆 takatays クリップ 日記 目 332 時計 14/08/03 10:09

〈三人の天孫〉……饒速日/彦火明(天火明)/火瓊瓊杵

前述したように天孫は、饒速日、天火明、火瓊瓊杵の三人がいて、饒速日が二一○年頃に高天の原から大倭に天降った。ついで二二○年前半、火瓊瓊杵が高天の
詳細
『邪馬台三国志』の読みどころ17〈天神の御子と天孫の降臨〉 (0)
鉛筆 takatays クリップ 日記 目 298 時計 14/08/03 10:09

〈天神の御子と天孫の降臨〉……天忍穂耳と饒速日の降臨
①二一○年過ぎ、天神の御子の忍穂耳が大倭降臨の準備を整えたところで、饒速日と彦火明を天孫として養子に押しつけられた。憤慨した忍穂耳は、日神に対し
詳細
『邪馬台三国志』の読みどころ18〈天神の御子と天孫の降臨〉 (0)
鉛筆 takatays クリップ 日記 目 285 時計 14/08/03 10:10

〈天神の御子の降臨〉……忍穂耳の降臨
②そのことで、忍穂耳が天降って行こうとしたが、大己貴の妨害にあって戻ってきた。
③そこで、日神と高皇産霊は、葦原中つ国平定に乗り出した。

日神夫妻は忍穂耳に対し
詳細
『邪馬台三国志』の読みどころ19〈天神の御子と天孫の降臨〉 (0)
鉛筆 takatays クリップ 日記 目 333 時計 14/08/03 10:11

〈天孫降臨〉……彦火明の出雲・播磨遷座
④葦原中つ国の平定後、つまり二二○年頃、天孫彦火明は大己貴と一緒に出雲や播磨に移り、火神としての帝王教育を受けた。

その後、経津主と武甕槌は津々浦々まで駆け巡
詳細
『邪馬台三国志』の読みどころ20〈天神の御子と天孫の降臨〉 (0)
鉛筆 takatays クリップ 日記 目 336 時計 14/08/03 10:12

〈天神の御子の降臨〉……忍穂耳の再度降臨
⑤ついで忍穂耳が再び降臨しようとしたが、大己貴と三輪氏の猛反対にあった。
※訂正です。〈読みどころ19〉「その後の大己貴は播磨に移って、彦火明の帝王教育に打ち込
詳細
『邪馬台三国志』の読みどころ21〈天神の御子と天孫の降臨〉 (0)
鉛筆 takatays クリップ 日記 目 299 時計 14/08/03 10:13

〈天孫降臨〉……天孫火瓊瓊杵の出現
⑥(忍穂耳に)代わって、天孫火瓊瓊杵が葦原中つ国経由で大倭に降臨し、もう一人の天孫彦火明が薩摩に天降って外敵を追い払うことに決まった。

 ●天孫火瓊瓊杵の天降り
詳細
『邪馬台三国志』の読みどころ22〈天神の御子と天孫の降臨〉 (0)
鉛筆 takatays クリップ 日記 目 310 時計 14/08/03 10:13

〈天孫降臨〉……火瓊瓊杵の降臨
⑦二二○年代前半、火瓊瓊杵が天降って行ったが、途中の道筋に猿田彦が立ちふさがっていた。大己貴と三輪氏が猛反対して、二人の行き先を取り替えようと謀ったのだ。

火瓊瓊杵が
詳細
『邪馬台三国志』の読みどころ23〈天神の御子と天孫の降臨〉 (0)
鉛筆 takatays クリップ 日記 目 311 時計 14/08/03 10:14

〈天孫降臨〉……火瓊瓊杵の再度降臨
⑧-1結局、火瓊瓊杵が薩摩に降臨する次第になった。

天鈿女は、すっ飛んで帰って日神に有り体に伝えた。
ところが、ことの仔細を知った日神は、高皇産霊との夫婦生活を急いだ
詳細
『邪馬台三国志』の読みどころ24〈天神の御子と天孫の降臨〉 (0)
鉛筆 takatays クリップ 日記 目 349 時計 14/08/03 10:15

〈天孫降臨〉……彦火明の丹後・大倭遷座
⑧-2その直後、日神も素戔嗚と共に纏向に向かった。同じ頃、大己貴が彦火明(天火明)に随伴して丹後宮津から大倭に遷った。

猿田彦が高千穂宮に舞い戻ると、次に日神一
詳細
『邪馬台三国志』の読みどころ25〈天神の御子と天孫の降臨〉 (0)
鉛筆 takatays クリップ 日記 目 351 時計 14/08/03 10:16

〈天神の御子の降臨〉(最終編)……火照(海幸彦、火明、火明饒速日)の降臨1/3
⑨この三十年足らず後の二四○年代後半、つまりヒミコが逝く一年足らず前に、火瓊瓊杵の児・火照(海幸彦)が火明と饒速日を襲名し
詳細
[ 1 ... 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 180 ]