2016年02月25日(木) 
PS3、Xbox 360を中心とした前世代には、日本産の新規IPシューターがいくつか発売されています。海外を意識したとき、やはりシューターというジャンルは避けて通れないものでした。

2006年にはカプコンから発売された『ロスト プラネット』、キャビア開発でAQインタラクティブから発売の『バレットウィッチ』、2010年にはプラチナゲームズ開発でセガから発売の『ヴァンキッシュ』、2012年には龍が如くスタジオ開発でセガから発売された『バイナリー ドメイン』など。2011年には、発売はEAながら、日本の開発スタジオであるグラスホッパー・マニファクチュア開発の『シャドウ オブ ザ ダムド』といった作品もありました。
http://lineage2.itemdepot.jp/

閲覧数324 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2016/02/25 16:27
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
biatuoiさん
[一言]
RMT ゲーム
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
ファイルがありません。
■最近のコメント
コメントはありません。
■最近の書き込み