2016年08月28日(日) 
YOUはなぜ日本のゲーム業界へ?
 2016年8月24日~26日の3日間、パシフィコ横浜で開催された、日本最大級のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス“CEDEC 2016”。1日目に開催されたセッション“日本で働くガイジンクリエイターに訊く 日本のゲーム産業、開発環境、労働環境ってどうですか?”のリポートをお届けしよう。

 本セッションの登壇者は、黒川文雄氏、ハンサリ・ギオーム氏、コチョール・オザン氏、ジェームス ラグ氏、ウィリアムソン ジェームス氏の5名。黒川氏が司会となり、日本のゲーム業界で働く外国人4名にアレコレ聞いていくという、パネルディスカッション形式での進行となった。

 なぜこのセッションを開催する運びとなったかは、黒川氏の実体験からとのこと。氏が主催するイベント“黒川塾”で外国人クリエイターを招待したところ、日本人が気がつかないことを、たくさん発見できたそうだ。そこで、日本のゲーム業界で働いている親しい友人に、日本のゲーム開発環境や、出身国と日本における違いなどを聞いて、受講者に役立ててもらおうと思ったそうだ(→参考記事はこちら)。
    http://www.gamemoney.cc/rmt/c-299.html

閲覧数237 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2016/08/28 16:29
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
kokoruさん
[一言]
rdgerhgrhtrjn
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
ファイルがありません。
■最近のコメント
■最近の書き込み