2017年01月19日(木) 
開発キャンセルとの情報が伝えられて以来、ファンの署名運動やギレルモ・デル・トロ監督の告白など様々な動きが目立っていた『Silent Hills』。同作プレイアブルティーザーに出演した俳優ノーマン・リーダスは海外メディアIGNのインタビューに応じ、同作に向けた思いを明かしました。

多くのゲーマーにとって強烈なニュースとなった『Silent Hills』開発キャンセルの報道ですが、『P.T.』に登場したノーマン・リーダスにとってもその衝撃は同様のものだったとのこと。しかしながら彼は現在も小島秀夫監督、ギレルモ・デル・トロ監督との共同プロジェクトに思いを馳せているらしく、「3人で何か出来ることがある、そう信じてるんだ」と発言しています。

更にノーマン・リーダスは、署名運動を始めとしたネットユーザーからの大きな反響について「これまで見たこともないような規模だった」と言及。小島監督、デル・トロ監督両名から将来的なプランは明かされていないものの、「うまく行けば契約内容の変更が起きるかもしれないし、よく似た別のプロジェクトに取り組むかもしれない」とコメントしながら、『Silent Hills』および関連企画は「運命のようなもので、何かが起こるべき」と語りました。

ロードス島戦記 RMT:http://www.gamemoney.cc/rmt/c-701.html

閲覧数267 カテゴリゲームニュース コメント0 投稿日時2017/01/19 16:25
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
shizuoさん
[一言]
Hello
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
ファイルがありません。
■最近のコメント
■最近の書き込み