2014年08月03日(日) 

〈天孫降臨〉……火瓊瓊杵の再度降臨
⑧-1結局、火瓊瓊杵が薩摩に降臨する次第になった。

天鈿女は、すっ飛んで帰って日神に有り体に伝えた。
ところが、ことの仔細を知った日神は、高皇産霊との夫婦生活を急いだのか、それとも孤軍奮闘する女神大山衹神に同情したのか、あっさりと方針を変えてしまった。
「女神大山衹神が火瓊瓊杵を所望するなら、天降り先を取り替えれば済むことだ」
火瓊瓊杵がこれに不満をもらしたのも当然だ。この一件も祀りごとにまめな彼が、
「天璽の鏡剣を申し受けた上で、日神夫妻を日天神としてお祀りしたい。それを心の糧として国難に当たりたいと思うが、それにしても主力軍が女神大山衹神一門だけとは心もとない話だ。要所要所に防人という名の屯田兵を配置して然るべきです」
と言いつつ引き下がったことで、一先ずは決着をみた。

日神は火瓊瓊杵を不憫に思ったあまり、天児屋・太玉・天鈿女・石凝姥、それに思兼・手力雄など忍穂耳に授けた近従をことごとく与えた上に、伯母にあたる豊受姫を稚日女役として同行させると決めた。
準備が万端整ったところで、日神と高皇産霊は、火瓊瓊杵に天(日)勢と一緒に日隈も添え与えた。さらに、選りすぐった隼人軍団を吾田周辺に配置するとまで言い切った。その上で、草薙剣(天叢雲剣)・八咫鏡・勾玉など三種の宝物、天神の御子と印す天鹿児弓・天羽羽矢を授けて命じた。
「吾田の日前国は、わが子孫(うみのこ)の王(きみ)たるべき地なり。皇孫、そこに天降って治めなさい。天つ日継ぎを重ねることで、天壌(天地)が千代に八千代に栄えますようにと祈りつつ、この八咫鏡を私の御魂と思って祀り続けるように。天孫には日隈を託したのだから、この日矛も授けておく」
この直後、高皇産霊(天照大神)は「葦原中つ国平定の任務は全うできた。今後は大倭にあって、義父の大葬をとり行う」との言葉を残して高千穂宮から立ち去った。その手には、相変わらず十握剣があった。
『日本書紀』、「高皇産霊尊、(火瓊瓊杵を)降し奉る。時に、天忍日尊、・・手には天梔弓(はじゆみ、くちなしの木で作った弓)・天羽羽矢を捉(と)り・・天孫の前に立ちて遊行(ゆ)き降来(くだ)りて、向の襲の高千穂の槵日(くしひ)の二上峯の天浮橋に到りて・・」
『古語拾遺』、「初度に鋳たるは、少意に合わず。〔是、紀伊国の日前神なり〕次度に鋳たるは、その形美麗し。〔是、伊勢大神なり〕」
「天照大神・高皇産霊尊、八咫鏡及草薙剣の二種の神宝を以て皇孫に授け賜いて、永(ひたぶる)に天璽と為(し)たまう。矛(日矛)・玉(八坂の勾玉)は自に従う」
※永に天璽と為たまう→八咫鏡(日前鏡)を天璽のごとく思わせつつ、授けたのである。
結局、三種の神宝とは、日前鏡・草薙剣・八坂の勾玉を指す。
※矛(日矛)・玉(八坂勾玉)は自に従う→日前鏡、日矛、八坂勾玉は、日隈・日前や出雲熊野家の奉る祭器。日隈、日前、熊野軍は、天之国当主を守る親衛隊。
※要するに火瓊瓊杵は、日前鏡・草薙剣・八坂の勾玉の他に、天鹿児弓・羽羽矢、日矛を携えながら天降ったわけだ。
※天羽羽矢は、火火出見から磐余彦の手に渡った。

※八咫鏡はどの種類の鏡だったのか。崇神期にこれを型に取って鋳造された鏡の中心部分(径十三.七㌢)が、大和の鏡作神社で奉られている。それはまぎれもない三角縁神獣鏡(唐草文帯三神二獣鏡)だ。同型で完璧な鏡が犬山市東之宮古墳からも出た。
それは平縁画文帯神獣鏡や三角縁画像鏡の特徴を備えていて、裏面には神仙界の様子が一目で分かるように描かれていた。
※三角縁画像鏡は、遼東や越都のあった会稽辺りから集中して出る。

閲覧数317 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2014/08/03 10:14
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
takataysさん
[一言]
古代史研究家
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み