2014年08月03日(日) 

〈天神の御子の降臨〉(最終編)……火照(海幸彦、火明、火明饒速日)の降臨2

●火明饒速日の天降り
大己貴は自ら情熱と真ごころを込めて帝王教育まで施した天火明が、ヒミコに背いたことで心を痛めていた。そのことで、出雲の片田舎に引きこもっていた。その彼も月日が経つと、昔を思い出しては愚痴まじりの自慢話をするようになった。
「少彦名(天火明)がいない今、私以外にこの国を治める者などいるだろうか」
暫くすると、火明(火照)が仰々しく飾り立てた王船の帆柱に光輝く鏡を掲げながら、出雲の杵築湊に入って来た。妃となる天道姫もその王船に乗り込んできた。ついで天(日)勢、女神大山衹神一門らの船がひっきりなしに入港してきた。火明は稲佐浜に上陸すると、大己貴を呼び出して責め立てた。
「この火明は中つ鏡・辺つ鏡など瑞宝十種だけでなく、天鹿児弓・天羽羽矢も奉じて、大倭に天降って行くところだ。いずれ日本家を興して倭王に昇り、新王朝をうち立てる身にある。大己貴はこれまでと同様、育ての親として大物主の任務を全うせよ」
 ヒミコは大己貴の大言壮語を耳にして「まだ政に未練がある」と察知すると、火明を出雲に立ち寄らせたのだった。大己貴も、彼が火明と名のった上に、瑞宝十種や天鹿児弓・天羽羽矢を振りかざしたとあっては、ひたすら平身低頭する他になかった。
『日本書紀』、「大己貴命、少彦名命に謂(かた)りて曰わく、『吾等が所造(つくれ)る国、あに善く成せりと謂(い)わむや』のたまう。・・その後に少彦名命、行きて熊野の御碕に至りて、遂に常世郷に適(いでま)しぬ」、
「大己貴神、遂に出雲に到りて・・時に神(あや)しき光海に照らして、たちまちに浮び来る者あり。曰わく、『もし吾在(あ)らずば、汝何ぞ能くこの国を平(む)けましむや。吾が在るに因りて故に、汝その大きに造る績(いたわり)を建つこと得たり』という。大己貴神問いて曰はく、『然らば汝は是誰ぞ。・・今何処にか住まむと欲(おも)う』とのたまう。対えて曰わく、『吾は日本国の三諸(みもろ、三輪)山に住まむと欲う」。これ、大三輪の神なり」
※前者の少彦名→常陸に逃亡した天火明。後者の少彦名→火明饒速日
この記事は、天火明、火明饒速日の事績を継ぎ足したもの。

閲覧数343 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2014/08/03 10:17
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
takataysさん
[一言]
古代史研究家
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み